読み込み中…

READY TO ROCK?

Click the button below to start exploring our website and learn more about our awesome company
探索を開始

無駄毛処理をやりたくないとストライキ

あたしはもう「痛さ」に苦しむのはイヤなんです。もともと「痛い」事がキライなので、ムダ毛の処理も泣く泣くやっています。むだ毛を引っこ抜く度に「いた!」と感じながらストレスが溜まるのは精神的にも参ります。なので無駄毛処理をやりたくないとストライキをしています。しかしケアしていないと遊びに行けない・・・。厚着の季節はまあいいとして暑い時期はお肌を晒す服装が少なくありませんよね。なのでやむなく無駄毛の始末を実行することになります。それがホントに苦痛で悩んでいます。痛さを伴うのが本当にストレスです。このために脱毛施術に魅力を感じているんですが、脱毛も脱毛でしっかり刺激はあるんですよね。どの位の刺激を感じるのかと考え出すとそう易々とは勇気が出ません。身体的苦痛が大嫌いだから脱毛施術を行いたいのですが、もっと痛いのかなと思うと迷ってしまうのです。だけどやはり無駄毛の始末に煩わされるのは嫌だから、脱毛処理をお願いしたいです。「痛みなし」で美容脱毛する最も良い脱毛方法を見付けたいです。金輪際痛さに耐えるのはゴメンなので、そのための脱毛を出来るだけ痛さを伴わないやり方で受けたいです。

今、脱毛したいなという気になっています。そんな気持ちになったのは熱心にむだ毛を抜いている時だったのです。あまりに時間を取っていることにムカついたのです。そして無駄毛処理の作業をしながら「これからもずっとこんなに時間をかけて無駄毛を抜き続けることになるのか」と考えたのです。そうやって考えたら不安と恐怖にかられました。大変時間の使い方がもったいないような気がしました。むだ毛処理をすることに疑問を持ったのです。それからむだ毛のお手入れの度にこの「不安感」を感じるようになったのです。いくつになってもきっとむだ毛は伸びてくるのです。こういった作業を年寄りになってもやり続けていくのかと思うとだんだん嫌になってきました。ムダ毛をお手入れする為に将来的に使う時間を割り出したらすごい時間になりました。この数字に恐ろしくなりました。そしてこれではいけないという風に思いました。ですので私自身は脱毛店などに行って脱毛したいと思うようになりました。この不安感から解放されたいのです。時間を有効活用しないと駄目だなと思ったのです。

私は容姿や体型は殆ど母親に似ていますが、なぜか髪の毛とか体毛は父親とそっくりなのです。子供の頃からからだの毛は濃くて、思春期にはすごく悩みました。体育での水泳の授業が一番嫌いで、うで、脚、特に背中は他人に見られたくありませんでした。何かを言われるような事はなかったのですが、やっぱり恥ずかしかったです。中学になると、クラスメイトは家で自己処理するようになったので、わたしも自宅で頑張りました。ですが、うでと脚の部分は問題ないのですけど、背中はなかなか自己処理出来ないところです。するとお母さんが「手伝ってあげるよ」と言い処理をしてくれたことがあったのですが、幼い心にも恥ずかしく、お手入れした貰ったのはその一回のみです。そんな私だけど、今では二児の母になり、ある程度歳をとったからなのか体毛も色が薄くなってきた気がします。こども達は私のお腹の所にある一直線に見える毛が好きみたいです。二人とも、私のお腹や背中を出しては、ピタッとくっついてきます。そのため、今では全く気にならないです。最近は剃って処理をするだけでなく、永久脱毛という手もありますが、取り敢えず私には不要なようです。